Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

読書は最高の投資対象

投資をしてると損したりすることもあります。しかし、数多くある投資対象の中でもほとんど裏切られることのないものがあります。

 

それは読書による自己投資です。

 

自己投資として読書が優れてる点は

場所、時間を選ばない
コストがかからない(1冊1500円くらい)
有益な知識を手軽に身につけられる

などが挙げられます。

 

ただ、読書による自己投資から確実に効率よくリターンを得るためには注意しなければいけない点があります。

 

 

それは目的意識を持つことです。

 

 

何のために読書を行うのか深堀できていない状態で知識をつける領域を絞れていないまま、なんとなく役立ちそうな本を買い、総花的に読書を始める。こんな風に本を読むということを目的にしてると、全てが中途半端になり必要な知識をつけるのに時間がかかります。

 

なので自分の現状と理想を明確にし、その間にあるギャップ(課題)を分析してください。そしてその課題を解決するために必要な知識を得るためにはどのような本を読まないといけないのかを把握した上で本を買う必要があります。

 

ただ注意してほしいのは、やみくもに本を読むのが悪いという訳ではありません。それは本には楽しむためや、辞書的に使ったりなど様々な目的があるためです。

ここでの読書は投資対象として捉え確実にリターンを得ることを目的としているためです。