Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ユーザベースの今後の成長はNewsPicksにかかっている。

SPEEDAとNewsPicks運営するユーザベース。
 
現在はSPEEDAをメインに事業を行っておりますが今後の成長の軸になるのはNewsPicksではないかと仮説を立て検証していきます。
 
まず初めにNewsPicksのビジネスモデルの紹介です。
 

f:id:invest-in-yourself:20170520094551p:plain

 
NewsPicksはスマートフォンに特化した経済ニュースメディアでユーザーはニュースにコメントをすることができます。これによりニュースメディアとしてだけでなくSNSとしても利用することができます。
 
このNewsPicksの収益減は3つの軸で成り立っています。内訳としては有料課金ユーザーから受領する月額利用料(1,500円)、NewsPicks上に掲載する広告に関して広告主から得る広告収入、NewsPicks上に掲載する採用情報に関してクライアントから得る報酬となっています。
 
 

f:id:invest-in-yourself:20170520094605p:plain

こちらは昨年までの売上の内訳です。
NewsPicksの売上が14年0.2億円で15年3.5億円(前年同期比1626%増)と成長し16年も9.3億円(前年同期比260%増)と持続して急成長していることが見て取れます。
 
17年1Qに関してもNewsPicks事業の売上は3.2億円(前年同期比68%増)まだその成長は続いています。
 

f:id:invest-in-yourself:20170520094901p:plain

 
次にNewsPicksの有料会員数について見ていきます。
 
昨年12月の時点では31,987人で簡易的な計算になりますが31,987人×1,500円×12ヶ月で有料会員だけで年間5.7億円の売上を上げています。昨年のNewsPicks事業の全体の売上は9.3億円だったたため売上の約61%を有料会員からあげているということになります。
 
この有料会員数は昨年12月から今年3月にかけて5,000人増加しておりこのペースで18年12月末まで増加し続けた場合、有料会員数は約52,000人となります。この場合有料会員の課金だけで年間9.3億円の売上をあげられる見込みです。
 
現在NewsPicks事業は最重要KPIを有料会員数に絞り一般の会員数等は公表しておりません。しかし公表されていた16年6月期では有料会員数20,000人に対し一般会員数が149万人いたためまだまだこの有料会員の売上の伸びしろは大きいです。
 
このことから今後ユーザベースはNewsPicksを軸に成長していといえるでしょう。